寝付きが悪い

こんばんは。


大体2月に入ってから寝付きが悪くなっています。
無職になって嬉しさから焦りになって、いろいろ考えてしまうからでしょうかね。

応募1社目は面接進んで、不採用。

応募2社目は面接、適性検査を進んで、当初の希望職種以外を奨められけれどどうしても譲れない条件が満たされなかったので辞退。

その他、なんやかんやで辞退とかなんとか。

選り好みして無職の道を歩み続けるパターンに入った感じがひしひしと…
2社目以外は今となっては良いとして、2社目で妥協すべきだったのかとふと思う。
しかしながら面接の場でも前職を辞めた理由の一つとして告げたことにまた身を投じるのは…

過ぎた事言っていても仕方ないんですけどね。

次の目星はいくつかあるので、転職支援サービスのお方と相談しながら進んでいくつもりです。

はっきりとしたやりたいことが無く、自分にやれることならそれで働きたいという、じゃあやれることって何よ?状態なんですねぇ。
プログラマーなどに興味はありますが、ほぼほぼ未経験。
高校時代に情報系の学科だったのでCとjavaは勉強しましたけど、何年も前の話ですから話にならないです。

次の次に狙ってますけど!

気になる求人は某転職サイトで見付けたので、相談出来る方のアドバイスを頂けたら参考にして、頂けなくてもチャレンジしようかと。



運命から逃れられてもまた別の運命に絡め取られるってやつでしょうかね…
前職が、んあぁ!!って雰囲気だったので、どうせ他でも、んあぁ!!ってなっても同じじゃないか!!
なんて思ってましたけど、今は、んあぁ…ですからね…



R-CAPという、自己分析・適職診断プログラムの結果では
自分は技能・修理・メカニックやらプログラマーやらと技術者になりたい人みたいなので、技術者を目指せるような職種…


右往左往。

運命は変えられずとも、辿る運命は変えられる

たぶんね。こんばんは。

一つ前の記事で、運命は決まっていると言いましたが、一個人レベルで考えれば運命は変えられるんじゃないかという話です。

例えば、働き蜂とおサボり蜂には一定の比率がある。
じゃあ、おサボり蜂一匹が急に、働きたい!!って転身したら、逆に働き蜂が一匹おサボり出来る。
比率は変わらないけど、個体は変わる。

人で例えれば、企業内で役職についていた人が定年退職になれば、別の誰かが役職につけるのように。

役割。
運命というものも全ての人が何かしらの役割を担っていて、役割が辿る運命が決まっている。
役割を変えれば運命が変わるんじゃないかと考えているんです。

しかしながらその役割にも一定の比率があって、多少の誤差が許されれば良いですが、そうでなければ自分自身の役割を変えると、別の誰かがその役割に当てはめられてしまうかもしれない…

この世に生を受けた人全てが幸せになれるとは思いませんのでそこはもう取り合いでしょうね。
逆に全員不幸になることはあり得そうですが…

そんなこと言ったって自分が何の役割かなんてわかるわけないじゃないか!
ということで、今が幸せなら維持や向上に努める。
今が不幸せなら普段とは違う何かに着手する、何かしらのチャンスが訪れれば積極的に行く。としか考えられませんね。

チャンスだなんだってのも結局のところ過去の結果から導かれるでしょうけど、まっっっったく何もしてこなかった人もなかなかいないでしょうし、何年も前の自分の言動が今になって繋がることもあるはずなので可能性は無限です!
未来予知出来ない以上は。


手相でも見てみようかな。

運命は決まっている

こんばんは、本日はPCから更新ですが、キーボードが打ちづらいです。

 

去年か一昨年くらいから常々思っていたのですが、運命は決まっていると思うんですね。

ロマンチックな意味ではありませんよ。

運命=結果

全ての結果には原因や過程があって、結果はまたさらに未来の結果になっていく…

そんなこと言うと事件事故に当てはめて過激になる方もいるので注意ですが、違う、そうじゃない。

 

そこで思うことは、全てがわかれば未来は予知できる。とても大雑把ですけどね。

それは頭のよろしくない自分の言葉で言わせてもらえれば、宇宙で起きたこと起きていることや地球上の自然的なことや人工的なこと、人それぞれの言動…そりゃもう全てですよ。

 

例えば…自分がブログを始めた理由が、無職になって暇になったから。

それをどんどん過去へ遡ると、まず自分がこの歳まで生きていた、どこかで働いていた、はてなブログというサービスがあった、自分の性格上暇を持て余した…

さらにそれらの過去を遡ると数え切れないほどの原因、過去の結果が内包されているわけですね。

自分は小学生時代に二度交通事故に遭い、後もう少しで死んでいたかも、後遺症が残っていたかも、という可能性を乗り越えて特に身体に明確な異常がないまま今まで生きてきました。

少しくらいは脳に異常あるかもしれませんけどね!!

それらも今という結果に至るひとつの過程。

 

人一人でも今という結果に至るまでの過程という結果は幾多にもあるわけです。それらは一人だけではなく数え切れないほどの人との交わりでもあります。間接的にも直接的にも。

前の車がいなかったら、ここの赤信号で止まる必要はなかった。

あの人が近くにいたから助けてもらえた。

など。

 

人の言動は日々の慣習や性格で決まり、慣習はその人が生活する環境に左右されたり、性格はそれまでの経験などが元になっている。

あまり長く書いても仕方がないので、全ての結果は全ての過程・原因から導かれ、起きたことは必然であって、本当の意味で偶然は無いということです。

 

ただ、全てを把握することが出来ない、幾多のものが幾多の影響に繋がってどういう結果になるかわからないから未来はわからない。

 

なので、なるようになる、なるようにしかならない。というのが自論です。

 

自分がこの先、幸せになるか、幸せにならないか。それはもう既に決まってます。

過程は既に進行中ですから。

全ての過程が混ざり合うことにより予測出来なくとも、確定した未来がこの先あると信じています。

 

じゃあ、人一人に焦点を当てて考えて、運命を変える余地は無いのか。

 

ありまぁす!

 

上に書いたことの否定にもなりますけど、別にパーセンテージ的にハーフ&ハーフの可能性だってあるじゃないですか?

どうせまだわからないんですし。

 

また明日。多分。

腰が持たんですよ。

趣味に出来なかったもの

こんばんは。飽き性です。

何が楽しくて生きてるの?って聞かれたら何も答えられないほど人生を楽しんでいないけれど、趣味を増やそうと試みたことは数知れず。


ベース(楽器)
当時、「kurikintonfox」という名でベースを演奏動画をネット上に公開していたお方がいましてね。
今もだったら申し訳ない。
憧れましたね。
バンド演奏といえば自分はドラムかベースが特に魅力的に感じていましたので…
ネット上で初心者セットなるものを買ったは良いけど、アパート住まい。

スピーカーが付いてきたので繋がなければそんなに音しないのかな?ってね。

ベンベンと音響いて無理これ!!

しばらくインテリアとして部屋に置いてありましたけど、最終的にはハードオフへ。


レザークラフト
自分好みに革の何か作れたら良いよね!
革に縫うための穴を開ける作業がね、ゴムハンマーでガンガンやる必要があって無理。

アパート住まい(2階)


FPS(一人称視点シューティングゲーム
対戦型のゲームたくさんありますよね、ハマってた時期もありましたがストレスが蓄積するので手放し。
前職のストレスもある状態で、ゲームでもストレス溜めるの絶対身体に悪いでしょう…下手くそ。


男の三大趣味?これは偏見ですけど。
喫煙、飲酒、ギャンブルも全くしません。

喫煙はくっっっっさい臭い纏わせるのが嫌ですし、なにより一箱が高い!

飲酒は酔いやすく気持ち悪い状態が長く続くので、付き合いで少々飲む程度。
自ら飲もうとは全く思えない。

ギャンブルは…テレビゲーム内のであれば良いですが、現実世界のは恐ろしくてやろうと思いませんね。
友人の付き合いで、友人が自分の分のお金も出してくれたのでパチンコをやったことありますが金(玉)が流れていく様が切ないですわ。


自分にとってこの世は楽しく行き辛い、とも言えるし、自分にとって楽しい何かを未だ見つけられない、とも言える。

たのしくない……………………


浮気をせず、人を舐めたような嘘をつかない女性と一緒にいられれば多分楽しそうな気がしますが

無職!!

じゃなくても難しい。

人生楽しいですか!?
楽しめよ!


もうネタ思いつきませんね…

三日坊主

一日が終わる約一時間前にはてなブログのことを思い出しました。こんばんは。


本日は無職になる前となった後の世間の見え方。
自分の場合はあまり変わらなかったですね…
前職が4勤2休だったので休みになる曜日はいつも違って、外出した時が平日の場合は「ニート気分!」っていつも思ってましたし。

今は本気モンのニートやでしかし。

ツイッターとか見てると文句言いつつも働く人が多くて、働いていた頃の自分と同等かそれ以上のストレスと戦ってんだろうな…と思いつつ、何かしらその人にとってのチャンスが訪れてくれないかな、と。

以前なら変に仲間意識があった気もします。
あの人もなんだかんだ頑張ってるし、自分もなんだかやれるっしょ!ってね。
人のことを心配出来るのは、心配する側に余裕があるからこそ。
それもまた正解なんじゃないかな…

たまに公共交通機関でどこかへ行くとき、通勤通学中の人を見ると

「お疲れ様ーっす!」

と心の中でつぶやいて余裕がある自分に酔ったりする時もあるのでバチ当たりますね。
次の働き場所が決まった時はあまり公共交通機関は使わないことを希望します…


世間の見え方はさておき、自分に対する気持ちにも変化はあるもので。

(無職やばいでしょ、まだ老後を謳歌する歳になってないよ、他で使えるスキルも無いのにぐーたらしてて泣きを見ちゃうよ?)

自分で自分を煽るんですよ。
生産的なことではないことをしてる自分に罪悪感、働いてないのにちゃんと飯食う自分に罪悪感。

そこは考え方を変えまして。
働いてる時に労働時間以外に生産的なことしてた?飯食う為のお金は自分が働いて稼いだでしょ?
と考えたら、以前とさして変わらないことに気付いたわけですね。


本質的に変わってない!!
良いのか悪いのかわからないけど、言うほど悪化してない!!
まだ大丈夫。


次のアウトプットは?
趣味を増やそうと試みたけどダメだったものが今までどれだけあったか。
熱しやすく冷めやすいのもありますが、それ以外の理由も多々あるような、ないような。

時間を忘れるほど集中出来る何か、それがプライベートには必須です。
痛感中。

無職に至るまで、至った後

三日坊主、二日目


タイトル通り…
無職に至るまで

元々前職は辞めたいと思いつつも2、3年経過していました。
やりたくないことはあれど、やりたいことは無し。
そのような状態で無職に到達するのは勇気じゃなくて無謀。

なんだかんだで無難に過ごしていて…と見せかけて対人ストレスや職場環境の悪さで心が荒むが

「どこもそんなもんじゃないか」

と知りもせずに決めつけて思考停止。
そんな日々を過ごしつつ、去年の自分の誕生日を少し過ぎた頃に”チャンス”が到来。

ここを逃したらもう無理だ、最良のタイミングだ!とビッグウェーブに乗っかって、去年の大晦日を持って退職。
それまでに職場が小さくも変化していく様がとても恐ろしく、辞める決心をしなければ取り込まれていたね。


無職に至った後

一ヶ月経つ前にもう飽きた。
そもそもプライベートでやりたいことも多くないし、少ない時間でやるからこそ長く続けられたことも一気にやれるようになったら嫌気がさすほど。

就職活動はしています。流石にずっと無職でいられるほどではない、しかし1年は余裕で生活出来る。
それはおいといて。

辞めたことは後悔はしておらず、むしろすがすがしい…
働く人は偉い、しかし、賢いかどうか、前職で働いていた自分は少なくとも賢くはない。
なんて考えを持つまでになりました。
こんな発言したら一部からぶっ叩かれそうだけど。


転職支援サービスを受けつつ就職活動はしているものの、暇な時間な方が多く、やりたいこともほぼほぼ無いので苦痛だなぁと思い日々を過ごしている現状。

今年の自分の誕生日を迎えた時点で、状況がどうなっているか。怖いねぇ…


こんなもんかな、次は何をアウトプットしようか。
無職になる前となった後の世間の見え方にしようかな。


PCで記事を書こうと思ったけど、編集画面まで到達出来ないので本日はスマホから更新。
混む時間帯なんでしょうかね?

無職がブログを始める。

今年から無職になり、早2ヶ月目の者です。

何故、ブログを始めたか?

 

①暇すぎて。

無職でほぼ無趣味は日々の時間を過ごすにはとても辛い。

 

②高校時代にやっていたから。

もう何年前かな、数えるのはなんだか酷な気がしますね。

嫌になって辞めたわけではないので、再開という形を取ってみようかと。

当時はダイアリーノートでしたけど。途中でサービス名変わったっけ?

 

③アウトプットしたいから。

日々、仕事をしていた時と比べて有り余る時間の中で思うことが多々。

それを外部に出さずに自分自身の中で無限ループをすると、例えるなら排泄物を循環させ続けている感じですかね。

日に日にそれが濃くなっていって自分自身に悪影響を与えているような気がしてならない!

 

 

1日1件以上は投稿したいですなぁ。

次は自分の現状について、再認識も含めて。

 

 

 

 

筋トレはいいぞ。