無職に至るまで、至った後

三日坊主、二日目


タイトル通り…
無職に至るまで

元々前職は辞めたいと思いつつも2、3年経過していました。
やりたくないことはあれど、やりたいことは無し。
そのような状態で無職に到達するのは勇気じゃなくて無謀。

なんだかんだで無難に過ごしていて…と見せかけて対人ストレスや職場環境の悪さで心が荒むが

「どこもそんなもんじゃないか」

と知りもせずに決めつけて思考停止。
そんな日々を過ごしつつ、去年の自分の誕生日を少し過ぎた頃に”チャンス”が到来。

ここを逃したらもう無理だ、最良のタイミングだ!とビッグウェーブに乗っかって、去年の大晦日を持って退職。
それまでに職場が小さくも変化していく様がとても恐ろしく、辞める決心をしなければ取り込まれていたね。


無職に至った後

一ヶ月経つ前にもう飽きた。
そもそもプライベートでやりたいことも多くないし、少ない時間でやるからこそ長く続けられたことも一気にやれるようになったら嫌気がさすほど。

就職活動はしています。流石にずっと無職でいられるほどではない、しかし1年は余裕で生活出来る。
それはおいといて。

辞めたことは後悔はしておらず、むしろすがすがしい…
働く人は偉い、しかし、賢いかどうか、前職で働いていた自分は少なくとも賢くはない。
なんて考えを持つまでになりました。
こんな発言したら一部からぶっ叩かれそうだけど。


転職支援サービスを受けつつ就職活動はしているものの、暇な時間な方が多く、やりたいこともほぼほぼ無いので苦痛だなぁと思い日々を過ごしている現状。

今年の自分の誕生日を迎えた時点で、状況がどうなっているか。怖いねぇ…


こんなもんかな、次は何をアウトプットしようか。
無職になる前となった後の世間の見え方にしようかな。


PCで記事を書こうと思ったけど、編集画面まで到達出来ないので本日はスマホから更新。
混む時間帯なんでしょうかね?