読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命は決まっている

こんばんは、本日はPCから更新ですが、キーボードが打ちづらいです。

 

去年か一昨年くらいから常々思っていたのですが、運命は決まっていると思うんですね。

ロマンチックな意味ではありませんよ。

運命=結果

全ての結果には原因や過程があって、結果はまたさらに未来の結果になっていく…

そんなこと言うと事件事故に当てはめて過激になる方もいるので注意ですが、違う、そうじゃない。

 

そこで思うことは、全てがわかれば未来は予知できる。とても大雑把ですけどね。

それは頭のよろしくない自分の言葉で言わせてもらえれば、宇宙で起きたこと起きていることや地球上の自然的なことや人工的なこと、人それぞれの言動…そりゃもう全てですよ。

 

例えば…自分がブログを始めた理由が、無職になって暇になったから。

それをどんどん過去へ遡ると、まず自分がこの歳まで生きていた、どこかで働いていた、はてなブログというサービスがあった、自分の性格上暇を持て余した…

さらにそれらの過去を遡ると数え切れないほどの原因、過去の結果が内包されているわけですね。

自分は小学生時代に二度交通事故に遭い、後もう少しで死んでいたかも、後遺症が残っていたかも、という可能性を乗り越えて特に身体に明確な異常がないまま今まで生きてきました。

少しくらいは脳に異常あるかもしれませんけどね!!

それらも今という結果に至るひとつの過程。

 

人一人でも今という結果に至るまでの過程という結果は幾多にもあるわけです。それらは一人だけではなく数え切れないほどの人との交わりでもあります。間接的にも直接的にも。

前の車がいなかったら、ここの赤信号で止まる必要はなかった。

あの人が近くにいたから助けてもらえた。

など。

 

人の言動は日々の慣習や性格で決まり、慣習はその人が生活する環境に左右されたり、性格はそれまでの経験などが元になっている。

あまり長く書いても仕方がないので、全ての結果は全ての過程・原因から導かれ、起きたことは必然であって、本当の意味で偶然は無いということです。

 

ただ、全てを把握することが出来ない、幾多のものが幾多の影響に繋がってどういう結果になるかわからないから未来はわからない。

 

なので、なるようになる、なるようにしかならない。というのが自論です。

 

自分がこの先、幸せになるか、幸せにならないか。それはもう既に決まってます。

過程は既に進行中ですから。

全ての過程が混ざり合うことにより予測出来なくとも、確定した未来がこの先あると信じています。

 

じゃあ、人一人に焦点を当てて考えて、運命を変える余地は無いのか。

 

ありまぁす!

 

上に書いたことの否定にもなりますけど、別にパーセンテージ的にハーフ&ハーフの可能性だってあるじゃないですか?

どうせまだわからないんですし。

 

また明日。多分。

腰が持たんですよ。